跳到主要內容
高雄畫刊

高雄の街角でボレロと出会う

 衛武営国家芸術文化センター初の常任アーティスト周書毅さんが、35名のダンサーとともに高雄各地の文化施設や景勝地、廟前の広場などを巡り、軽やかなステップを披露する。舞踊作品「ボレロin高雄(原題:波麗露在高雄)」は、高雄各地の14の行政区18か所で、計28回の公演を予定している。

撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)
撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)

 周書毅さんは2009年、英国のサドラーズウェルズ劇場のコンテストでアウォードを獲得した舞踊作品「1875 ラベルとボレロ」を携えて台湾に帰国した。だが、当時は無名のダンサーであったこともあり、公演のための劇場を確保することは容易ではなかった。より多くの人に見てほしいと考えた彼は、ストリートで踊ることを決意した。

撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)
撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)

 周書毅さんは2011年、台湾各地の公共スペースで無料のパフォーマンスを行う「ダンスの旅プロジェクト」を開始、舞台やスポットライトは使わず、それぞれの空間に合わせた演出方法を選択した。こうして訪れた都市は14カ所、公演回数は延べ60回に及んだ。

 周書毅さんは2020年6月、衛武営国家芸術文化センターで初めての常任アーティストに就任した。「多くの人は、これまでモダンダンスとの出会いがなかっただけかもしれません」。もっと多くの人々にモダンダンスを見てもらうため、彼はモダンダンスを使って人々と芸術の距離を縮めようと考えた。今回の企画にあたって、周書毅さんは自ら高雄各地を巡り、駁二芸術特区、市立美術館、蓮池潭風景区、旗山天后宮、大樹旧鉄橋など、市街地から郊外までを含む18の公演場所を選出した。「街に面を作り出して、人々の生きた記憶をダンスでつなぎたい」。アフターコロナの時代、彼はパフォーミングアートの力で人々の警戒心や距離感を消し去り、うちとけた雰囲気を取り戻したいと考えている。

撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)
撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)

 インタビューの当日、周書毅さんとダンサーたちは衛武営のガジュマル広場でリハーサルを行っていた。高い舞台やまぶしいスポットライトはないが、道行く人は彼らの踊りに惹きつけられ、彼らを取り囲むように見つめている。「内容をよく知らなくても、多くの人が足を止めて見ていきます」。あなたがわざわざ駆け付けたファンだとしても、単なる通りすがりの人だとしても、ボレロとの出会いが高雄での生活に素敵な思い出を残してくれることは間違いない。

撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)
撮影:陳長志(写真提供/衛武営国家芸術文化センター)
Information

「ボレロin高雄(原題:波麗露在高雄)」の公演について

公演場所:高雄各地 14の行政区を巡回

※詳細は衛武営芸術文化センターのウェブサイトをご参照

公演日時:4/23~6/26毎週末(6/4~6/5を除く)計28公演

ウェブサイト:衛武営国家芸術文化センターhttps://bit.ly/3LsXnBR

邂逅《波麗露在高雄》

  衛武營國家藝術文化中心首位駐地藝術家周書毅帶著35位舞者,預計走遍高雄14個行政區、18個演出地點,演出28場《波麗露在高雄》舞作,翩然舞進文化場域、著名地標風景區、小鎮廟埕等。

  時間回到2009年,舞蹈家周書毅帶著英國沙徳勒之井劇院獲獎作品《1875 拉威爾與波麗露》回到臺灣,默默無聞的他,難以爭取到劇院演出機會,因為想要跳舞給更多人看的初衷,他決定上街跳舞!

  2011年,周書毅啟動「舞蹈旅行計畫」,不搭臺、不架燈、因地制宜的演出方式,免費在各城市的公共空間表演,走過14座城市、累積60場演出。

  周書毅2020年6月成為衛武營首位駐地藝術家。「也許很多人只是沒機會遇見現代舞。」為了讓更多人看見現代舞,他以現代舞打破藝術和民眾的距離。周書毅親自走訪各處,挑選適合的表演場地,18個演出地點從市中心到鄉鎮,涵蓋駁二藝術特區、市立美術館、蓮潭風景區、旗山天后宮、大樹舊鐵橋等地點。「我想在城市中連起一個面,用舞蹈讓彼此的生活記憶產生關聯。」在後疫情時代,周書毅希望藝術表演能消除人與人之間的戒心與距離,回到和諧的狀態。

  採訪當天,周書毅和舞者們在衛武營榕樹廣場彩排,現場沒有高起的舞臺、沒有灼人的聚光燈,散步的路人紛紛被舞蹈吸引,駐足圍觀,「即使不知道表演內容,都願意停下來觀看。」不管你是追著波麗露趕場的鐵粉,還是巧遇的路人,在高雄,讓舞蹈成為生活中最美好的邂逅。

Information

《波麗露在高雄》

演出地點:高雄14個行政區,詳見衛武營藝術文化中心官網

演出時間:4/23~6/26每週末(6/4~6/5除外),共28場次

網址:衛武營國家藝術文化中心

https://bit.ly/3LsXnBR

回到頁面頂層 回到頁面頂層